ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ハイシステム21

株式会社日立ハイシステム21

運用効率化の導入事例

〜プログラム自動配布と定型作業の自動化〜

定型作業における人為的ミスの防止や工数削減を目的に、作業の自動化(JP1/AJSを活用)、およびプログラム自動配布(JP1/NETM/DMを活用)の事例を以下にご紹介いたします。
無人でのプログラム配布や、サーバリブート・データ削除などが可能となり、顧客の運用を改善・効率化に成功しました。最初から全ての改善を目指さず、一部の改善から始めて適用箇所を増やし、成功事例・実績のノウハウの蓄積から、改善の幅を広めていくアプローチがお勧めです。

運用におけるお客様の抱える課題

現状
  • 頻繁にプログラムや定義ファイルの変更が発生
  • 手動による配布または、配布物に合わせたジョブを毎回作成し実行している
  • オンライン起動確認、ログ取得、ステータス確認など、定期・不定期の定型作業が多数発生
  • 人手による作業を行っているため、夜間の実施は調整が困難
課題

配布の迅速・確実・簡易化

作業の簡易化・工数削減・品質向上

下矢印

下矢印

解決案

プログラム自動配布

定型作業の自動化

得るもの/メリット

効果が期待
できるもの

プログラム自動配布

  • プログラム配布が頻繁に発生
  • 配布予定日時が不定期
  • 配布元、配布先の変更が頻繁に発生

定型作業の自動化

  • 実施頻度の高い定型作業
  • 早朝、夜間にサーバリブートなどの定型作業

下矢印

下矢印

期待できる効果
  • 急なプログラム配布作業も、迅速な対応が可能
  • 配布対象数に関係なく、一定の作業で対応可能

作業ミスの撲滅、システム管理者・開発者の工数削減と定型作業の無人化による夜間対応が可能となる。

下矢印

付加価値

作業品質の向上

短納期で確実な対応

工数削減による働き方改革

プログラム自動配布/定型作業の自動化の事例

プログラム自動配布事例

プログラム自動配布事例

定型作業の自動化事例

自動化したシステム事例

自動化に向けた改善のアプローチ

自動化に向けた改善のアプローチ

*
本ウエブサイト中の会社名、商品名は各社の商標、または登録商標です。
*
本文中および図中では、TMマーク、®マークは表記しておりません。
*
本ソリューションの仕様は、改良の為、予告なく変更する場合があります。
*
本ソリューションを輸出される場合、外国為替および外国貿易法並びに米国の輸出管理関連規則などの規制をご確認の上、必要な手続きをお取りください。
なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問合せください。
*
弊社へのお問合せ宛先に送られる個人情報は、本ソリューションサービスについてのみ使用します。