ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ハイシステム21

製造業A社におけるSAP(ERPパッケージ)システムの導入では、多数の関連システムとのデータ連携と、お客様固有の多種多様な帳票作成という課題がありました。当社では、この課題に対して、EAIツール、帳票ツール等のミドルウェアを有効活用し、短期間で、SAPシステムとのデータ連携機能を開発しました。

連携システム概要

SAPシステムとの親和性と開発効率にポイントを置き、ツール選定を行い、以下の2つのツールを適用して開発を行いました。

関連システムのデータ連携:DataSpider Servista

  • SAPとのデータ連携用のアプリケーションアダプタがある
  • ノンプログラミングでアイコンを使用した効率的な開発が可能

帳票作成ツール: Report ViewerII

  • SOAオプションによる外部システム(SAP)との連携が可能
  • 複雑な編集処理を要する帳票の開発が可能

開発概要

適用ツール開発内容規模
DataSpiderSAP(ERP)から関連システムへのI/Fファイル作成機能の設計・開発92機能(4ヶ月)
SAP(ERP)から移行用データを抽出する機能の設計・開発50機能(2ヶ月)
Report ViewerII受領書・納品書・請求書等の帳票フォーム、出力機能設計・開発280帳票(3ヶ月)
*
SAPは、ドイツおよびその他の世界各国におけるSAP AGの登録商標または商標です。
*
DataSpider Servista(DataSpider)は、株式会社アプレッソの商標登録製品です。
*
Report ViewerIIは、株式会社キヤノンの商標登録製品です。
*
本ウエブサイト中の会社名、商品名は各社の商標、または登録商標です。
*
本文中および図中では、TMマーク、®マークは表記しておりません。
*
本ソリューションの仕様は、改良の為、予告なく変更する場合があります。
*
本ソリューションを輸出される場合、外国為替および外国貿易法並びに米国の輸出管理関連規則などの規制をご確認の上、必要な手続きをお取りください。
なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問合せください。
*
弊社へのお問合せ宛先に送られる個人情報は、本ソリューションサービスについてのみ使用します。