ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ハイシステム21

システム運用保守の現場を知り尽くした担当者が現場視点でIT運用状況を可視化し、お客様のビジネスに貢献する現実的な改善アイディアの立案に繋げます。

  • 現状のIT資産状況を一元的に把握し、運用保守状況の実態を整理します
  • アプリケーションの老朽化状況・ランニングコストを把握し、削減対象を明確にします
  • 国内・海外問わずITサービスマネジメント状況を把握・評価し、課題を明確にします

システム運用保守アセスメントサービス

アプリケーションシステム運用資産可視化サービス

IT部門で管理しているアプリケーションシステムの基本情報、技術情報、老朽化状況など様々なシステム運用資産の状況を可視化いたします。

お客様のアプリケーションシステムをIT資産としてとらえ、それらのプロフィールを確実に集約した後、ランニングコスト、ビジネス重要度、機能充実度、運用保守性・適用技術レベル、障害・問い合わせ件数等の軸でアプリケーションシステムを評価します。
これらの分析結果やデータは今後お客様の中でのアプリケーションライフサイクルマネジメントの基礎データやIT戦略企画のインプットとして活かすことができます。

アプリケーションシステム運用資産可視化サービス

ITサービスマネジメント状況可視化サービス

サービスマネジメントにおけるプロセスやルールの内容や遵守状況、インシデントの発生状況などマネジメントに必要な各種状況を可視化し、定性・定量的に評価いたします。

お客様が運用するITサービスのマネジメント状況を様々な視点で可視化および診断します。
また、可視化した結果からプロセス・ルール標準化の必要性の検討、アプリ領域間連携やインフラ側との連携まで考慮した全社共通プロセスの必要性の検討を行います。
不足プロセス・ルールの確立、ドキュメントの整備など、新ITサービスマネジメントプロセス構築に向けたインプットとして活かすことができます。

アプリケーションシステム運用資産可視化サービス

システム運用リスク分析サービス

多種多様な業種のシステム運用業務にて培ったノウハウでリスクをスコアリングし、高リスクな作業を優先して対策立案・施行することで効果的かつ効率的にリスクを低減致します。

システム運用リスク分析サービス
  • 思い込みや、見落としによるリスク抽出漏れを回避するため、業務全体を把握する業務フローを作成します。

  • 業務フローに現れたすべての作業をモニタリング、ヒアリングなどを通し分析を行い、リスクを抽出します。

  • 当社のシステム運用ノウハウを用いてリスクをスコアリングします。

  • スコアリングされたリスクをグループ化し、優先して対応するべきリスクを導出します。

  • リスクの重大度、期間・予算の制約、お客様の状況などを鑑み適切な手段で対策をご提案、実施します。

  • 改善実施後にあらためてリスク分析を行い、改善前との状況を比較し効果を検証するとともに次の改善につなげます。

サービスの特徴

  • システム運用保守の現場を知り尽くした担当者
    • 運用保守オペレーションおよびそのリーダーを歴任した経験者が担当します
    • お客様運用担当者と同じ目線でヒアリングを行い、本来の実態を把握できるように留意しています
  • お客様視点で可視化と分析を実施
    • お客様のIS部門の立場で分析考察を行います
    • お客様の特性に合わせた分析考察資料を作成できるように、まとめ方等のご要望も伺います
  • 現場視点での現実的な改善アイディア立案をご支援
    • 現場の実態をあるがままのわかりやすい言葉と図表で可視化します
    • 現実的な改善策アイディア立案をご支援します
    • ハイレベルなアセスメントでは計測不能なITサービスマネジメント状況についても、体系的に評価します

サービスフロー

アセスメントサービスは以下の流れで実施します。

サービスフロー

導入事例

その他アセスメントサービス事例

業種(国名)内容
製造業(タイ)2012年より継続してアセスメントサービス提供中
製造業(インドネシア)基幹システムリプレースに当たっての現状可視化
製造業(フィリピン)運用保守アウトソーシング移行に向けたアセスメント活動
精密機器(日本)運用保守アウトソーシングサービス移行に向けた活動