ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ハイシステム21

Oracleデータベースでお困りのお客様へ、経験豊富なOracle専門エンジニアがデータベースの状況や課題を整理・明確化することにより、お客様のお悩みや課題の解決を支援します。
お客様のOracleデータベース情報やAWR*1(Automatic Workload Repository)や Statspack*2レポートを提供していただき、調査・分析を実施します。

*1
AWRは稼働統計やワークロード情報のスナップショットなど実際の使用履歴そのものを自動的に取得しリポジトリに格納するOracleの機能。
*2
StatspackはOracleの性能分析をするためのレポートを作成するOracleデータベース標準のツール。
  • 現状の利用状況を可視化しシステム改善・稼動の調査ができます。
  • Oracleデータベース診断結果により処理性能に影響を与えている箇所を特定できます。
  • 定期的な診断によりシステムの稼動状況の変化にいち早く対応できます。

Oracle データベースで困っていませんか?

運用上の課題

性能改善したい

  • 夜間バッチ処理が終わらず、何とかしたい。
  • SQLが何時まで経っても終わらない。

負荷が高い

  • DBサーバの負荷が高く、業務追加ができない。
  • CPUを増強したのに思ったほど性能改善されない。

将来への不安

  • DBの容量が大きくなっている。このままで大丈夫なのか不安。
  • システム更改に向けて稼働状況を把握したい。

高機能データベース

  • マニュアルが多すぎてみる時間が無い。
  • 機能や手段が一杯あって覚えるのが大変。

ユーザビリティ

  • CUI操作が多く操作が難しい。
  • Statspack, AWRの結果は英語が基本なので敷居が高い。

専門性

  • データベース製品毎に仕様が異なるので覚え切れない。
  • ボトルネックを特定するのにどこから手を付けてよいのか分からない。

アセスメントサービス

Oracleデータベース診断により上記課題の原因を特定できます。

サービスの流れ

ヒアリング
サンプル

ヒアリングシートを送付させて頂きお客様の既存システムの情報
(OSやDatabaseの情報など)をご提供いただきます。

ヒアリングシート(サンプル)

ヒアリングシートサンプル

統計情報の取得
サンプル

ヒアリング内容からデータ取得用の簡易ガイドをご用意いたします。
アセスメントに必要なレポートの取得をお客様で実施していただきます。

※お客様先に伺い操作方法を説明することも可能です。

データ取得用簡易ガイド(サンプル)

データ取得用簡易ガイドサンプル

調査・分析

お客様から提供いただいたレポート(AWR、Statspackなど)情報をもとに、経験豊富なOracle専門エンジニアがレポート情報の調査・分析を行います。

診断結果の報告
サンプル

レポート情報の調査・分析の結果をもとに、お客様の悩みや課題に関する診断結果をご報告します。

診断結果レポート(サンプル)

診断結果レポートサンプル

*
Oracleは、Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。