ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ハイシステム21

日立ハイシステム21は、社員一人ひとりが「企業理念」「経営ビジョン」を共有し、その具現化に向け「行動指針」を定め、全社一丸となって邁進してまいります。

企業理念

満足されるソリューションと確かな技術で、新しい価値の創造に努め、お客様の繁栄と、高度情報化社会の実現に貢献します。

経営ビジョン

現場力、モノづくり力、技術力を高め、お客様と共に成長し、指名し続けられる企業をめざします。

行動指針

  • お客様の声を聞き、その声を仕事に活かします。
  • 「誠」の心を持ち、相手の立場にたって行動します。
  • 自己の人格と能力の向上に努め、積極的に行動します。
  • 人間味溢れる明るい活力のある職場作りをめざします。
  • 基本と正道を守り、社会規範を尊重します。

企業行動基準

株式会社日立ハイシステム21は、当社が果たすべき使命と役割を十分に認識し、将来にわたり発展を続けて行くことを目標として、ここに企業行動基準を定める。

基本理念

当社は、日立創業の精神である「和」、「誠」、「開拓者精神」を更に高揚させ、日立人としての誇りを堅持し、優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献することを基本理念とする。 あわせて、当社は、企業が社会の一員であることを深く認識し、公正かつ透明な企業行動に徹するとともに、環境との調和、積極的な社会貢献活動を通じ、良識ある市民として真に豊かな社会の実現に尽力する。

行動基準

  1. 常に和の精神を基として、協力一致、社内及び日立グループ内の結束に努めると同時に、広く社外との相互理解、協調に努める。
  2. 社会の新たなニーズを的確に把握し、これに即応できるようより高度で信頼性の高い技術及び製品を開発し、顧客に対し誠のこもったサービスを提供するよう努力する。
  3. 企業家精神を発揮し、独自の調査及び研究開発を通じて、世界における技術面でのリーダーたるべき地歩を固めるよう努力する。
  4. 広く内外に知識を求め、見識を高めるとともに、常に、法と正しい企業倫理に基づき行動する。
  5. 常に公正で秩序ある競争理念をその行動の基本とする。
  6. 他社の有する経営及び技術情報の価値を十分に尊重するとともに、当社の有する経営及び技術情報の価値を十分に認識し、その厳正な管理体制の確立と徹底に努める。
  7. 国際的な平和及び安全を維持することが、わが国産業界のみならず、国全体の信頼の確保に不可欠であることを認識し、貿易関連法規の遵守に努める。
  8. この行動基準に基づき自ら率先実行し、併せてその所属する社員に対し、適切なる管理指導を行い、業務を円滑に遂行せしめるとともに、職場規律の適正な維持管理と活力ある職場作りに努め、所属社員の士気高揚を図る。

行動計画

1.次世代育成

次世代育成支援対策推進法とは?

次世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、基本理念及び国・地方公共団体・事業主・国民それぞれが担う責務等を定めたものです。

当社行動計画概要(2015年4月1日〜2020年3月31日迄)

目標1 所定外労働の削減の為の措置

2015年4月〜
個人毎の残業時間数を、月次単位で部門長と情報共有
2015年7月〜
残業対策書提出時のルールとして、必ず本人と対策概要と数値目標を共有することを追加し、全社展開

目標2 年次有給休暇の一人当たり平均取得日数を増加させる

2015年4月〜
個人毎の取得日数(率)を、月次単位で部門長と情報共有
2015年10月〜
事業部全体の取得日数(率)を全社会議にてフォロー
2016年4月〜
2015年度の取得日数(率)を目標値として同上プロセスを実施

目標3 出産休暇や育児休暇の概要、関連給付や社会保険料の免除等、ダイバーシティ関連制度の周知や情報提供を行い各種制度を取得し易い環境を整備する

2015年4月〜
4月制度改定後の関連規則・制度の確認
2015年6月〜
関連規則・制度について全社会議において説明・展開を行うと共に並行して、社内有識者間で2015年度の検討範囲を決定(2016年3月迄に、関連施策を必要に応じて再度整備)
2016年4月〜
制度に関するパンフレットを作成し、全社展開

2.女性活躍推進

女性活躍推進法とは?

働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために、国・地方公共団体・一般事業主それぞれの責務等を定めたものです。

当社行動計画概要(2019年4月1日〜2022年3月31日迄)

目標1 女性社員の継続的な採用(30%以上)

2019年4月〜
女性応募者を増やすことを目的とし、広報方法・内容を刷新する
2020年1月〜
採用選考にかかわる女性社員数を増やし、女性応募者へのフォローアップを強化する
2021年1月〜
パンフレット・WEBサイト等広報媒体を刷新する

目標2 「多様な働き方」の実践

2019年4月〜
働き方改革を目標とする社内委員会を設置し、各種施策を検討・実施する
2019年4月〜
「多様な働き方」を支援するインフラを強化する。(サテライトオフィス、ネットワーク環境等)
2020年4月〜
「多様な働き方」に関する情報提供・意見収集を実現する社内Webサイトを整備する

目標3 女性社員が管理職として活躍できる風土づくり

2019年4月〜
若手社員(性別問わず)向けに、キャリア観形成を目的とする研修を実施する
2019年7月〜
多様性マネジメントに関する新任管理職向け研修を実施する
2020年4月〜
社内外のロールモデルとなる女性社員との交流会を検討・実施する

その他

上記項目に留まらず、女性の活躍支援につながる施策の検討・実施には積極的に取り組んでいく。

3.かながわ女性の応援活躍サポーター

当社は、女性の活躍を一層推進するため、「かながわ女性の応援活躍サポーター」に登録しています。
「明るく元気に前向きに」。
女性社員はもちろんのこと、社員一人ひとりがやりがいを持っていきいきと働き続けられる職場づくりを推進していきます。

賛同書