ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立ハイシステム21

EOSを迎える老朽化サーバからクラウド(AWS)への環境移設を支援いたします。独立して稼働しているSalesforce、SAPといった基幹システムを連携させたエコシステムの構築を支援いたします。

SAPクラウド移行

2019年2月現在リプレースする場合は、ERP6.0のサポート期限である2025年以降まで利用可能なWindows Server 2016/SQL Server 2016へバージョンアップします。

システムイメージ

SAPクラウド移行 システムイメージ

移設ステップ

移行ステップとしては、まず現行環境でSQL Server 2016の前提にあうようにSAPのV-Upを実施し、その後にデータのエクスポートや環境の構築を順次行っていきます。お客様の環境にあった移設を支援いたします。

マルチテナント(Software Assurance)環境への移設作業例

SQL Serverをマルチテナント環境へ移行する場合は、Microsoftのライセンスモビリティを利用する必要があります。AWSに新バージョンのOS,DBをインストールした後、SAPの環境構築を実施します。

マルチテナントイメージ図

Dedicated Host環境への移設作業例

現行機の環境(DB,SAP)をAWSに取り込んだ後、AWS上でバージョンアップを実施します。

Dedicated Host環境への移設作業例 イメージ図

SAP・Salesforce連携

Salesforceをフロントとして、SAPと連携する事で、物流情報、財務情報の見える化を実現します。SAPの購入ライセンス数を最低限に絞り込みランニングコストを圧縮します。SaaS、基幹システムを連携させたエコシステムの構築を支援いたします。

システムイメージ

SAP・Salesforce連携 システムイメージ

エコシステム構築例

SAP・Salesforce連携 エコシステム構築例 イメージ図

*
本ウエブサイト中の会社名、商品名は各社の商標、または登録商標です。
*
本文中および図中では、TMマーク、®マークは表記しておりません。
*
本ソリューションの仕様は、改良の為、予告なく変更する場合があります。
*
本ソリューションを輸出される場合、外国為替および外国貿易法並びに米国の輸出管理関連規則などの規制をご確認の上、必要な手続きをお取りください。
なお、ご不明な場合は、弊社担当営業にお問合せください。
*
弊社へのお問合せ宛先に送られる個人情報は、本ソリューションサービスについてのみ使用します。

導入事例

関連ソリューション